真言宗成田山国分寺の永代供養墓

永代供養墓TOP >> 永代供養墓のタイプ

永代供養墓のタイプ

永代供養墓のタイプについて

遺骨を供養していくための最も一般的な方法は、昔から続いている先祖代々墓と呼ばれるタイプの墓へ納骨するというものです。
しかし、近年では核家族化の進行や墓地を作るスペースの確保が難しいといった問題から、納骨堂での永代供養を利用する人も増えてきました。
それでは、実際にこのようなスタイルでの供養を希望する場合には、どのような流れで進めると良いのでしょうか。
まずは、自身や近親者を供養するための、永代供養墓納骨堂を選ばなくてはなりません。

永代供養墓納骨堂にはさまざまな種類があり、その運営主体も多岐にわたっています。
運営主体は大きく分けると公営墓地・寺院墓地・民営墓地の3つに分類され、さらにそれぞれにいくつかの種類があります。

そして、納骨堂自体にも、さまざまなタイプがあります。
大きなスペースに遺骨を安置するための個室が設けられているロッカー式や、棚が設けられているタイプなどが一般的です。

お墓を購入した場合にも、その寺院へ費用を支払っておくことで、永代供養をしてもらうことができます。
しかし、お墓の使用権を持っているのはこの場合には墓の管理者となりますので、寺院では供養を行うだけにとどまります。
納骨堂の永代供養を利用する場合には、火葬場から直接遺骨を運ぶケースと、一旦別の場所に安置する方法があり、後者では一時的に納骨堂を使用する場合もあります。
遺骨を安置している場所へは自由にお参りができるところがほとんどですが、合祀された後は個別のお参りができなくなりますので注意しましょう。

永代供養墓の種類

実際に永代供養の設備を選ぶ場合には、費用面や利便性の面、そしてその運営主体に対する信頼性などが重要なポイントとなります。
そして、そのような基本的なこととは別に、どのような種類の設備を選ぶのかも大きなポイントとなるでしょう。
墓地や納骨堂によっては利用できない設備やサービスもありますので、申込み前には必ず確認しておきましょう。
それでは、永代供養墓にはどのような種類があるのでしょうか。
その特徴と一緒に紹介していきます。

まずは、ロッカー型永代供養墓と呼ばれているタイプがあります。
これは非常に一般的なタイプで、大きな建物の中にコインロッカーのような遺骨を安置するための個室が設けられています。
遺骨は骨壺に納められた状態でそのまま安置され、お参りをする場合には管理者によって骨壺が運び出されます。
遺骨が安置されている室内スペースでお参りをするケースがほとんどですので、多くのロッカー型永代供養墓では線香や水の使用が禁止されているようです。

そして、同じように大きな建物の中に、仏壇が設置された仏壇型永代供養墓というタイプもあります。
この場合は仏壇の下段に骨壺を安置する形となり、多くの設備では下段に遺骨を、そして上段にある仏壇には位牌を安置します。
の一部に記念品が納められることもあり、写真や遺品を安置することも可能です。
さらに、仏壇は設けずに棚だけが設置されている、棚型永代供養墓というタイプがあります。

こちらはいわゆる納骨堂という造りになっていて大きな棚に骨壺が並べられる形で安置されます。
通常のお墓を購入して納骨を行う場合でも、お墓が完成するまで一時的に納骨堂に安置するケースがあります。
こういった場面で使用される遺骨を安置するための設備は、ほとんどがこの棚型のものとなっています。
費用面でも仏壇や個室があるタイプと比較すると安いものが多いため、使用のしやすさから考えるとこのタイプが一番かもしれません。

永代供養の場合には、このような形式で遺骨が安置され、運営母体によって供養が行われます。
ただし、公営墓地などでは供養を行っているケースは少なく、管理者による供養を希望するのであれば、寺院や民間の墓地を選んだ方が良いと言えるでしょう。
さらに設備の面でもロッカー型や仏壇型を希望するのであれば、民営墓地や寺院墓地の方が探しやすいかもしれません。

永代供養墓TOP花曼荼羅永代供養墓五輪塔永代供養墓オプション福祉葬儀と放送出版概要 見学会 契約許認可永代供養墓の選択位牌と戒名永代供養の仕方と法話弘法大師の生涯真言宗のながれ真言宗の教え真言宗の実践真言宗成田山国分寺概要周辺地図アクセス修養日(お休み)特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー

永代供養墓ページTOPに戻る

  

真言宗成田山国分寺
〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話(022)225-8640
FAX(022)225-8655
MAIL info@naritasan.co.jp