真言宗成田山国分寺の永代供養墓

永代供養墓TOP >> 位牌と戒名

位牌と戒名

 亡くなった人の死亡年月日を記しておまつりするのが位牌です。位牌には白木位牌(内位牌・野位牌)と本位牌(黒塗り金箔つきや唐木位牌)があります。白木位牌は葬儀のときに祭壇に安置し墓所に持っていくものです。これとは別に、忌明け法要の日までに本位牌を用意しておきましょう。法要の日に僧侶が白木の位牌から魂をぬいて、本位牌に魂をいれてくださいます。白木位牌は菩提寺に納めますので、仏壇におまつりするのは本位牌のほうです。
 本位牌には故人一人ひとり独立した板位牌と繰出位牌くりだしいはい回出位牌かいだしいはいがあります。繰出位牌は合同位牌と言うべきもので、位牌が10枚くらい一緒に入るので命日の順に並べておきます。

位牌と四十九日

 仏教では、死去後49日間、極楽往生できるか地獄に落ちるか決まらず、成仏できずにさまよっているとされています。この期間、死者は7日目ごとに審判を合計7回受け、その結果極楽に行くか地獄に落ちるかが決定される、という考え方から「四十九日」という習慣が生まれました。
 お釈迦さまが7日間の修行を7回繰り返して、解脱の境地に至ったことから「四十九日」の習慣ができたという説もあります。
 本来は、亡くなった命日から数えて七日目ごとに、初七日しょなぬか二七日ふたなぬか三七日みなぬか五七日いつなぬか六七日むなぬか七七日なななぬかと法要が行われます。特に七七日である四十九日は死者の行き先が極楽か地獄かが決定する最も大切な日です。
 四十九日までの間、位牌は白木の位牌を祀ります。位牌は、本来故人が成仏あいた時、つまり四十九日の時に作られ、成仏して初めて戒名が刻まれます。(ただし、生前中にあらかじめ戒名、法名をつけてもらい、位牌に書き記した「寿牌」というものがあります)。
 四十九日まで祭壇にまつる白木の位牌を「内位牌」ともいいます。その後は、漆で黒く塗ってあったり、金箔に包まれた本位牌を仏壇に安置します。

戒名・法名・法号

 戒名は戒律を守り仏道修行に入った出家者だけに贈られるものでした。そのため一般の人には厳しすぎて、なかなかいただけるものではありませんでした。今日では儀式を受けたり、一定の講習に参加した人に授けられるようになっています。死者に贈られる名前のように考えられがちですが、本来は戒律を守り仏弟子となった証としてつけるものなのです。
 宗派によっては戒名と言わず、法名や法号と呼びます。親鸞聖人は「何一つとして戒を守れない凡夫だから、弥陀の誓願によってのみ救われる」との教義を打ち立てましたので、浄土真宗には戒名はありません。仏弟子になるには「おかみそり」を受け、「法名」をいただきます。また、日蓮宗では法華信者は霊山浄土に生まれるとされるため、戒名よりも「法号」と言うことが多いようです。
 戒名や法号は二文字で表されます。どんなに身分の高い人でも二文字で、仏の世界は平等であることが表現されています。しかし位牌に書かれた戒名は、院号・道号・位号などのすべての戒名と受け取られ、重々しく長いものがよいと考えられがちですが、本来戒名は二文字だけですから関係のないことなのです。

院号・院殿号
生前に一寺を建立するほど寺院につくすとか、社会的に高い貢献をした人につけられます。
ただ戒名料を多額におさめたからといってつけられるものではありません。
道号
戒名の上につけられるもう一種類の名ですが、わかりやすくいえば、号とかあざなにあたるものです。
歌人や俳人が別名をもっているようなもので、中国にこの道号が生まれ、日本に伝わってから戒名の上につけられるようになりました。
位号
位号とは戒名の下につけられている「居士」とか「大姉」という文字のことです。
性別・年齢などによって違いがあります。
宗派による特徴
真言宗
位牌の上部に大日如来の種子である梵字のを記します。等しく大日如来の弟子であることを表しています。
浄土宗
誉号をつけます。これは五重相伝を受けた檀信徒に授与されたものでしたが、現在では受けていない人にも与えられています。
浄土真宗本願寺派・真宗大谷派
釈号をつけます。これは東晋の道安が仏弟子となれば、みな釈迦の姓を唱えるべきとして自ら「釈道安」と号したのが始まりです。
日蓮宗
日号をつけます。これは日蓮が「明るきこと太陽のごとく、清きこと芬陀利華の如き」を求めて自ら「日蓮」と号したことに始まります。
位号の種類
成人男子
大居士・居士・大禅定門・禅定門・清信士(善士)・信士(清浄士)など
成人女子
清大姉・大姉・大禅定尼・禅定尼・清信女(善女)・信女(清浄女)など
男の子供(15歳くらいまで)
童子・大童子・禅童子など
女の子供(15歳くらいまで)
童女・大童女・禅童女など
男の子供(4歳、5歳以下)
幼児・嬰児・孩児など
女の子供(4歳、5歳以下)
幼女・嬰女・孩女など

永代供養墓TOP花曼荼羅永代供養墓五輪塔永代供養墓オプション福祉葬儀と放送出版概要 見学会 契約許認可永代供養墓の選択永代供養墓のタイプ永代供養の仕方と法話弘法大師の生涯真言宗のながれ真言宗の教え真言宗の実践真言宗成田山国分寺概要周辺地図アクセス修養日(お休み)特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー

永代供養墓ページTOPに戻る

  

真言宗成田山国分寺
〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話(022)225-8640
FAX(022)225-8655
MAIL info@naritasan.co.jp