真言宗成田山国分寺の永代供養墓

永代供養墓TOP >> オプション

永代供養墓 オプション

位牌のご案内

位牌とは、亡くなった人の霊をおまつりする木牌のことです。
表に戒名(または俗名)、裏に俗名(生前の名前)、享年(死亡生年月日)や年齢を記しするものです。
四十九日の忌明け後に仏壇に祀られる本位牌(塗、唐木など)が仏壇に祭ってある位牌です。
末永く故人、先祖を祀る位牌としてお奨めいたします。
また永代供養墓の位牌として、自宅用、先祖代々用としてもご案内申し上げます。

納骨供養

納骨供養を行う儀式に当たり、亡くなった方の家族、親しい方、近い親族など内輪で納骨供養を行います。
仙台では、一般的に忌明けの四十九日法要をかねて納骨供養をすることが多いようです。

御本尊・仏具

周忌法要

色付骨壷変更ご案内

永代供養は骨壷での供養となります。
そのため、お参りする際にそのままでは抵抗がある方は、骨壷 ⇒ 色付骨壷のご変更をおすすめいたします。
やさしい色合いを用いた色付骨壷でお参りする方に安心感を与え、また、遺骨の移し変えは成田山で行うため、家族の手をわずらわせません。

色付骨壷(遺骨の移変え手数料含) お布施13,000円

瑠璃鳳凰柄 金ちぢみ柄 白地花柄

遺品供養

生前の愛用の遺品や葬儀などで使われた遺品の供養です。
遺品は本来、形見分けして引き継ぐものですが、長年つかわれてきたものや、愛用の遺品、古い遺品などは引き継ぐわけにはいきません。やむ得ず遺品を普通のゴミとして処理されることが多く、これは当事者にとりましても抵抗を感じます。
以前より、このような遺品供養の相談を受付けてきました。
大切にされた物、直前まで使用された物・・・そのような遺品をお預かりし、遺品供養したあとに御焚き上げさせていただきます。
形見分けできないけれども、直前まで使用されていた遺品・・・
そのような、本当に大切にされてきたものを遺品供養して御焚き上げいたします。
このような事情で心を痛めておられる方々へ、お預かりしました遺品は、遺品供養終了後に心をこめて焚き上げしております。
(遺品供養と焚き上げまでを含んだ金額です。)

※○○家先祖代々精霊、故○○△△霊位、○○院○○居士など
※ご自宅に位牌を安置されたい場合は、同様に位牌をたてます。

永代供養墓TOP花曼荼羅永代供養墓五輪塔永代供養墓福祉葬儀と放送出版概要 見学会 契約許認可永代供養墓の選択永代供養墓のタイプ位牌と戒名永代供養の仕方と法話弘法大師の生涯真言宗のながれ真言宗の教え真言宗の実践真言宗成田山国分寺概要周辺地図アクセス修養日(お休み)特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー

永代供養墓ページTOPに戻る

  

真言宗成田山国分寺
〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話(022)225-8640
FAX(022)225-8655
MAIL info@naritasan.co.jp