真言宗成田山国分寺の永代供養墓

永代供養墓TOP >> 永代供養の仕方と法話

永代供養の仕方と法話

納骨堂永代供養墓での永代供養の仕方

公営墓地では、納骨堂を使用しても供養はされないことがほとんどです。
その分費用は安くなっていますが、供養を希望する場合には寺院墓地や民営墓地の永代供養墓を選択したほうが良いでしょう。
それでは、永代供養墓で行われている供養とは、どういったものでしょうか。その供養の仕方は墓地によってさまざまです。
毎日回向えこうして供養される納骨堂もありますが、中には一年に一度だけ永代供養墓に納められている遺骨の全てに関して、合同で法要が営まれるケースもあります。
一般的なケースとしては、春、秋の彼岸そして盆の年3回の供養を行うところが多いようです。

合同供養を行う場合には、合葬や合祀後と同じように、寺院による告示に基づいて供養が行われます。
また、永代供養墓へ遺骨を安置した際の、お参りの方法について疑問に思っている人も多いようです。
通常のお墓であれば、いつでもお墓へ足を運んで、お墓の前で手を合わせることができます。
しかし、主に屋内に設置されている設備では色々な制約もありますので、お参りについても事前に確認しておいた方が良いでしょう。
例えば、多くの遺骨を安置するための設備では個別のスペースが設けられていません。
ロッカー式の設備を利用した永代供養墓であったとしても、たくさんの個室が並んでいます。
そのため、お供えの食べ物やお水の持ち込み、さらに線香の使用などが禁じられている設備もあります。

さらにお参りの受付時間に関しても、永代供養納骨に使用される遺骨の安置場所では制限が設けられていることもほとんどです。
どういった時間にお参りが可能なのか、必ず確認しておきましょう。
お参りの際には、まず受付にてお参りの申し込みを行います。
ロッカー式永代供養墓の場合には、遺骨をロッカーから出してもらう必要があります。
仏壇型や棚型なら、共有の遺骨安置スペースで参拝を行うか、または参拝専用の別室へ遺骨を運んでもらうことになります。

特に共有の遺骨安置スペースで参拝を行う場合には、遺骨保存の点から水気の持ち込みが禁止されているケースが多くなっています。
そのため、お花を供えることもできないと思っておいた方が良いでしょう。
お墓のように手入れを行ったり、仏壇のように自宅にスペースを設けたりする必要がない分、永代供養は利便性が高いと言えるでしょう。
しかし、お参りに関して言えば制約が多くなってしまいますので、そのあたりは申し込み前に検討しておきましょう。

年忌法要

 亡くなったひとの祥月しょうつき命日に営む追善供養の法要を年忌法要といいます。
祥月命日とは亡くなった月日のことです。
ですから、ある人が9月14日に亡くなったとすれば、毎年9月14日が祥月命日ということになります。

年忌法要の準備

 年忌法要を営むには、まず日程や場所を決めなくてはなりません。正しくは、故人の命日に営むものですが、都合によって変更しなければならない場合には命日よりも遅くならないようにしましょう。
 場所は自宅や菩提寺が多いようです。自宅で営む場合には、仏壇を掃除し仏具も揃え、線香、ローソク、お花などを準備しておきます。
 お寺に連絡して日時などの相談をする際には、塔婆も用意していただけるように頼んでおきます。(浄土真宗以外)

年忌法要を行う年

一周忌・・・亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。特に重要な年忌法要とされています。
三回忌・・・一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、これから3年目を迎えるという意味で三回忌と言います。
以後、命日から数えて満六年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづきます。
三十三回忌を年忌止めと言って、これで年忌供養を打ち切ることが多いようですが、五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。

焼香の作法

焼香の仕方は宗派などにより違いがありますが、真言宗の焼香の仕方について説明します。

  1. 遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
  2. 右手で香をつまみます。
  3. 額のところまで押しいただきます。
  4. 香炉に静かに入れます。これを真言宗では三回行うのですが、二回目からは額でおしいただく必要はありません。
    ※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。
  5. 合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

焼香の意味
 仏教では葬式をはじめ、さまざまな法要の折に必ず焼香をします。これには御仏前を荘厳することによって敬虔な心をささげるという意味があります。香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって身心を清めるといった意味もあります。香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などでもちられているようです。
 普通、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。
数珠のかけかた
 数珠はもともと、お経やお題目をあげるときにその数をかぞえる法具でした。今ではお経やお題目を唱えたり、仏さまを礼拝する時に手にかけてお参りします。
 数珠は持っているだけで功徳があるとされ、普通百八の珠からできています。これは百八の煩悩を退散・消滅させる功徳があるからだと言われていますが、珠の数はこのほかにも、百八の十倍の千八十のものから、六分の一の十八のものまでさまざまあります。
 形式については宗派によって若干の違いがありますので、求められるときに確認したほうがよいでしょう。また数珠のかけかたも宗派によって異なります。真言宗の場合は中指にかけます。
合掌のしかた
 合掌は仏さまを尊び、供養する気持ちをあらわしたものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるというのです。いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ち着き、精神が安定するのではないでしょうか。
 合掌のしかたは、まず、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。そして、位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。掌の角度は45度くらい。肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。厳密に言えば合掌にもいくつかの形があるのですが、この形がもっとも代表的なものです。

永代供養の法話

私たちは、先祖供養というものを、知らず知らずのうちに受け継いでいます。
そもそも先祖供養というものは仏教的な考え方から生まれたもので、その方法としては、先祖の墓や永代供養墓などにお参りするというものが一般的です。
さらにお墓参りのように個人的なものばかりではなく、日本各地で開催されている盆踊りなども先祖供養の意味が込められていると言われています。
近年の先祖供養では、僧侶が導師となり行われるのが一般的なスタイルです。
永代供養墓を設けている寺院の住職によると、亡くなった人の魂は、肉体を離れた段階で死霊となり、死という汚れを帯びた荒霊になるとされているそうです。

しかし、先祖供養を行われることによってこの荒霊が次第に浄化され、和魂になっていくとされています。
魂が浄化されることによって、仏教的な見地からみると死者の魂は極楽浄土へと身を置くことができるようになり、来世ではより良い世界に生まれることが出来ると考えられています。
こういった仏教的な意味を込めて、死者の魂を供養するための対象として、遺骨を納めるお墓や永代供養墓が重視されています。
遺骨を永代供養墓やお墓といった一定の場所に安置されている場合には、死者の魂も安住の地が得られるとされているそうです。

しかし、きちんと遺骨を安置することなく転々と移動されるような場合には、死者の魂は居場所を失ってしまいます。
さらに、先祖供養を行うことは、死者のためだけではありません。先祖供養を行うことによって浄化された先祖達の魂は、祖霊となってその家を守る存在となります。
そのため、例えお墓の継承が出来なくなったとしても、永代供養墓にて供養をされることは、さらに先へと続いていく子孫達の家を守ることにもつながっているのです。

近年はお墓がある人でも、あまりお墓参りを大切にしない人が増えてきました。
その理由の一つには、お墓というものの利便性が低いことが挙げられるでしょう。
遠くにあるお墓へと、度々お参りをするのは困難な場合もあります。
そういった点から考えると、永代供養墓の使用は、現代という時代に適した先祖供養の方法だと言えます。
何もお墓を建てることだけが供養ではなく、大切なことは先祖の魂に安住の地、帰ってこられる場所を準備し、そして供養を続けていくことなのです。
永代供養墓なら、より高い利便性と、先祖供養を両立していくことが出来るでしょう。
遠くのお墓よりも近くの永代供養墓といえるかもしれません。

永代供養墓TOP花曼荼羅永代供養墓五輪塔永代供養墓オプション福祉葬儀と放送出版概要 見学会 契約許認可永代供養墓の選択永代供養墓のタイプ位牌と戒名弘法大師の生涯真言宗のながれ真言宗の教え真言宗の実践真言宗成田山国分寺概要周辺地図アクセス修養日(お休み)特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー

永代供養墓ページTOPに戻る

  

真言宗成田山国分寺
〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話(022)225-8640
FAX(022)225-8655
MAIL info@naritasan.co.jp