真言宗成田山国分寺の永代供養墓

永代供養墓TOP >> 永代供養墓の選択

永代供養墓の選択

永代供養のための納骨堂とは?

近年、自分自身が亡くなった後にお墓を管理する縁故者がいない場合や、近親者が亡くなってもお墓を管理して行くことができない場合には、永代供養墓納骨堂を希望する方が増えてきました。
永代供養墓納骨堂での永代供養を希望する場合には生前に納骨堂使用の申し込みを行っておくことも可能ですので、自分がいなくなった後の縁故者の負担を軽減するために、永代供養墓納骨堂に事前申し込みを行う方も多いようです。

それでは、この永代供養とはどういうことを意味しているのでしょうか。
実は、永代供養という言葉には、大きく分けて二つの解釈が存在します。
一つは永代供養という言葉の本来の意味で、こちらは仏教的なとらえ方になります。
基本的に、現在も一般的だとされているお墓は先祖代々墓と呼ばれるもので、世代をまたいで先祖の墓が子孫によって継承されていきます。
そして、そのお墓がある寺院にとって、お墓を持っている家は檀家ということになります。
お墓に納骨をして子孫がそれを継承して先祖を供養し続けていくこと、これが宗教的な意味での永代供養となります。

しかし、一方ではもう少し実用的な面で、永代供養墓納骨堂という言葉が使用されています。
例えば、先祖代々にわたって継承されてきた墓を、子孫が何らかの事情によって継承できなくなる場合もあります。
さらに、墓を継承する人が絶えてしまう場合もあるでしょう。
こういった場合に、寺院に費用を支払って、そのお墓の管理や納骨堂での永代供養を任せるという仕組みが近年普及してきました。
これを指して現在では、永代供養墓納骨堂と呼ぶことがあります。
ただし、永代供養墓納骨堂といっても、その墓や永代供養墓納骨堂に遺骨が安置されて供養される期間は、制限されている場合がほとんどです。

なかには永代供養墓納骨堂において永久的に供養が続けられる場合もありますが、ほとんどは三十三回忌を境として合葬や合祀といった方法で、他の遺骨と同じ墓に遺骨が埋葬されます。
もちろん、合葬・合祀後も寺院によって供養は続けられますが、いつまでも個別に供養が行われるわけではないという点には注意が必要です。
また、納骨堂などで永代供養が継続される期間は、納骨堂の管理母体によって、または納骨堂の契約内容によって異なります。
中には10年や20年といった期間が設けられている場合もありますので、永代供養墓納骨堂を選ぶ際には注意しなくてはなりません。
さらに契約期間が終了した後の供養方法についても納骨堂によってさまざまな種類がありますので、納骨堂に申し込みを行う前に確認しておいた方が良いでしょう。

永代供養墓選びの3つのポイント

  1. 利便性
  2. 設備と費用
  3. 信頼性(住職と運営母体)

もし、代々墓を建てるのではなく、永代供養墓納骨堂を希望するという場合には、どういった点に注意して選べば良いのでしょうか。
まずは、その永代供養墓納骨堂を使用するにあたって、不便な点はないかということを考慮しなくてはなりません。
永代供養墓納骨堂を利用する事情はいろいろあると思いますが、縁故者がいれば納骨堂に安置された先祖をお参りすることもあるでしょう。
そのため、縁故者にとっての利便性は重要なポイントです。
アクセスの良い場所にあるかどうか、いつでもお参りが可能かどうかなどを確認しておきます。また、費用面も重要なポイントです。

永代供養の納骨では、相場と呼べるものがほとんどありません。
運営主体や供養の方法によって大きく費用が異なりますので注意が必要です。
さらに、永代供養墓納骨堂と言っても、縁故者がいない遺骨の場合には本当に供養してもらえるのかどうかという不安はどうしてもあると思います。
しかも、遺骨を安置する設備の種類の中には、大きな費用が必要となる種類のものもありますので、その信頼性も選ぶ際には重視するべきポイントだと言えるでしょう。
まずは、運営母体を確認しましょう。
市町村などが設置している公営の設備が近年増加してきましたが、こういった公営の墓所の場合には費用は安くなります。

ただし、寺院や民間墓地のような供養は期待できません。
しかも、公営の永代供養はまだまだ件数が少ないと言われており、その上管理を行っている市町村に住んでいる人、または納税を行っている人だけにしか申し込みの権利がありません。
一方、民営や寺院墓地のものならきっちりと供養してもらえる可能性が高いですが、その分費用面では少し高めとなるでしょう。
民営の墓地は宗旨宗派を問わず受入れ可能なところが多いのですが寺院の設備を使用する場合には、宗旨宗派が問われます。

場合によっては納骨堂の使用に際して改宗が必要になるケースもあるようです。
さらに、住職の人柄によって供養に関する信頼度も変わってきますので、申し込む前に確認しておいた方が良いと言えます。
住職の人柄が信頼できると思えたら、安心して供養を任せることができるでしょう。
どのような永代供養を選択する場合でも、一つ一つに違いがあることを覚えておいてください。
長期にわたって先祖供養する場所であり、縁故者にとっては長く関係が続いていく場所でもありますので、じっくりと検討してさまざま永代供養墓納骨堂を比較してから決定するようにしましょう。

永代供養墓TOP花曼荼羅永代供養墓五輪塔永代供養墓オプション福祉葬儀と放送出版概要 見学会 契約許認可永代供養墓のタイプ位牌と戒名永代供養の仕方と法話弘法大師の生涯真言宗のながれ真言宗の教え真言宗の実践真言宗成田山国分寺概要周辺地図アクセス修養日(お休み)特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー

永代供養墓ページTOPに戻る

  

真言宗成田山国分寺
〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話(022)225-8640
FAX(022)225-8655
MAIL info@naritasan.co.jp